子供の視力回復


視力低下防止として、テレビゲーム・スマホゲームは特に注意です。

ルールを決めないと子どもたちはずっとやっています。

ゲーム・TVの時間はきめましょう。

だらだらと長くしてはいけません。

30分ながくても1日1時間までにさせましょう。

目のことだけではなく、家のルールを守らせることが教育的にも大切です。

ゲームが良くない理由

目が近い場所で一点に集中する。

スマホや携帯ゲームは特に、近い場所をじっと見つめるので、目の調整筋肉が固まってしまいます。

長時間携帯ゲームをしていると目がかすみますのでかならず目を休ませなければいけません。

光の刺激は目に良くない

日常生活でもっとも目にダメージを与えるのは、光の刺激です。

目の乾燥、細かい字を読む、ゲームなどもありますが、それ以外に、スマホやPCなどの発行するモニターや太陽光など、身のまわりにある様々な光の刺激が目を悪くします。

現代社会は様々な光にあふれていますが、とくに悪いのがブルーライトです。

紫外線は黒目や水晶体で吸収されますがブルーライトは眼の奥にダイレクトに光がとどき目をつかれさせます。

ブルーライトをカットするPC用のメガネを取り入れて、ブルーライトを浴び過ぎないようにすることも視力低下の防止のポイントに成ります。


logo2