子供の視力回復


近視による視力の低下は一般的に子供時代から始まることが多くなっています。そのほとんどは遺伝や環境の影響で引き起こされたものであるとされ、目に特別な疾病を抱えて近視にかかっているのとは明確に区別した上で「単純近視」と分類されています。付け加えるならこうした視力の低下は学齢期の10歳前後から進行し始めるので「学校近視」とも呼ばれています。

しかし単純近視よりもさらに早い時期から視力が低下し始めるものは「病的近視」と呼ばれます。病的近視は眼球が前後に長く大きくなることから引き起こされるものなどがあり、進行が早いうえに視力の低下も激しいのが特徴です。

病的近視の特徴として眼鏡をかけてもそれほど十分な視力の矯正が望めない場合が多いことが挙げられます。病的近視はなんらかの遺伝的要因によって引き起こされていると考えられていますが、現時点では明確な原因が特定されているわけではありません。

病的近視の進行が始まるのは幼児期であることが多いのですが、この事により注意を払わなければならない懸念事項が出てきます。それは網膜はく離の危険性が高まる事。眼球が大きくなる時に網膜が引き伸ばされ、結果的に非常に薄い網膜を持った眼球へと成長してしまうのです。

そのために目を軽く打撲しただけで網膜の萎縮を引き起こしたり、最悪の場合は眼底から網膜が剥がれる網膜はく離を引き起こしてしまいます。病的近視を抱えてる人は十分にこの事に注意する必要があります。

幼児期にかかる近視としてはこの他にも「進行性近視(悪性近視)」と呼ばれるものがありますね。この近視も進行速度が非常に速く近視の度数も強くなるという特徴を持っています。

ですから視力回復のトレーニングを行う等生活環境を変えれば、近視が回復する可能性は十分あります。

子供の近視を改善するには

子供の近視を改善するには大きくわけて3つの方法があります。

1つは、メガネをつかって矯正していく方法

2つ目は目薬で目の調節力を治していく方法

3つめは視力回復トレーニングです。

この中で一番すぐにしてはいけないのがメガネを使うことです。

眼科医にはすぐにメガネをかけさせたがるドクターもいます。

しかし、メガネをつかって目が良くなった話は殆ど聞いたことがありません。

子供の視力回復で聞いたことがあるのは点眼薬と視力回復トレーニングまたはその両方をしたことです。

試さない手はないと思います。

いえ、試すどころではありません。

視力回復トレーニングセンターは全国でも多くないのですが、実際にはたくさんの人が視力回復に成功しています。

というわけで、子供の近視を改善するには視力回復トレーニングをしてみるのが最善です。

子供の近視は遺伝でどうしようもない?

目が悪くなるのが、遺伝かどうかははっきりとはわかってません。

実は、そもそも何故近視になるかは、詳しくは解明されていないくらいです。

しかし、どちらかと言うと、遺伝よりも生活習慣が大きいでしょう。

メガネをかけ続けているほど、逆に目が悪くなってしまったというのもよく聞く話です。

それに昔の人は今より近視の人は今より少なかったはずです。

つまり、近視は、遺伝より生活習慣の方が影響は大きいはずです。


logo2