子供の視力回復


近年では子供の近視が増加傾向にあると言われています。情報化社会の発達により子供の間でもパソコンや携帯の普及が進んでいますし、ゲームやテレビ、夜更かしといった眼に負担のかかる習慣も以前から子供の視力低下の原因として指摘され続けてきましたね。子供達を取り巻く環境はさらに視力に悪影響を及ぼすものになってしまっていると言えるでしょう。

子供の内から近視にならないように気をつけることは非常に重要です。人間の眼球は成長と共に大きくなっていくのですが、この事により幼児期に遠視の状態であった子供でも成長とともに誰もが程度の差はあれ近視の傾向に傾いていく現象が起きます。

つまり、小学生の時点ですでに近視であるのなら中学生の段階ではさらに近視が進行してしまうというということなのです。そうした点を踏まえれば近視の兆しが見え始めた段階で早めに対処することが非常に重要であると言えます。

子供の目は環境による悪影響を受けやすいものです。近くの物を凝視し続けたりして目を酷使しないことと、時々は眼を休める習慣をつけさせましょう。そうすることで仮性近視になる可能性を低くすることができます。

近視への対策としては照明も見逃せません。暗すぎる場所で眼を酷使するのが良くないことは改めて指摘されるまでも無いでしょうが、気をつけなければならないのは明るすぎる照明も目によくないという事。目の疲労を促進し視力低下の原因になってしまいます。パソコンの画面や部屋の灯りが強すぎないかどうかをチェックしておきましょう。

他にも視力低下の原因に栄養バランスの偏りがあげられます。目の疲労を軽減するサプリメントなども販売されていますのでそれで不足しがちな栄養を補うと良いでしょう。もちろん普段の食生活に気を配ることも重要です。

目が悪いと付けない職業がある

あまり知られていませんが、職業のなかには、目が悪いと付けないものもあります。

現在は、技術の進歩によりレーシックができるようになり、一定のリスクはあるものの、視力回復に選択肢が増えています。

子供のころは体が未発達のため、レーシックを受けることはできませんが、大人になってからレーシックを受けるというのももちろん選択肢の一つです。

しかしながら、職業のなかには一部レーシックを受けてしまっては、職に付けないものもあるのです。

有名な例がパイロットですね。

レーシックを受けると、体調や天候で視力が変化しやすくなると言われているのがその理由です。

将来的な技術の進歩や法規制がどうなるかわかりませんが、お子さんのためには、いろいろな将来の選択肢を与えてあげたいですよね。

子供の近視を治すのは親次第です。

子供の近視、遠視は親の責任、生活習慣の問題といえば、少し不愉快になる方もいるでしょう。

しかし、これはほぼ間違いありません。

視力低下の原因は目を酷使する生活習慣だからです。

しかし、正直、今の子供たちにゲームをやめなさいとか、勉強をほどほどにと言うのも難しいでしょう。

百歩譲って言ったとしても、それだけでは目は良くなりません。

■子供の近視を治すにはどうすればいいか?

子供と一緒にトレーニングをすることです。

そうすれば、子供もやる気を起こします。

子供に正論は通じません。

いっしょに楽しんでやることが視力回復の近道です。

ポイント

女性

子供の視力回復は親の責任!

子供に正論は通じません、親子で楽しんで、協力して、視力回復に取り組みましょう!


logo2