子供の視力回復


脳年齢と視力は関係があります。

なぜなら、目でものをみるとはいいますが、実際にはものを認識しているのは脳だからです。

脳年齢をチェックしてみましょう!

当てはまる項目に脳年齢を入れて調べましょう

・すぐイライラする
・ときどき自分の言ってることがわからなくなる
・物覚えが悪い
・長い文章が読めない
・本の内容が理解しづらい
・本を2~3度も読み替えす
・ぼーっとすることがある
・人と会話が噛み合わないことがある
・話題についていけないことがある
・じっとしていられない

1~2個 中年 3~4個少し高齢者 5個以上高齢者

1~2の人も黄色信号です!

目が悪くなると脳の働きも悪くなります!

なぜ視力が低下すると脳が老化するのか?

視力が低下すると目の情報を脳に届けることができなくなり、脳の情報処理も鈍ってしまうのです。

脳の情報処理能力の低下を防ぐには、しっかり見て、しっかり考えることです

目のピントのボケは頭のボケ

今の世の中、パソコンやゲーム、スマホなど大人や子供も目を酷使する環境にあります。

そんな生活を続けていれば、40を超えた当たりから老眼が気になるようになります。

近視で老眼になると、緑内障や白内障、など合併症の危険性が増します。

目のピントのボケは頭のボケとも言います。

老眼がすすむと、ボケ・認知症も進行してしまう人もいるようです。

最近では30代から、若年性の老眼が進む人もいるようです。

視力と集中力のテスト

視力と集中力のテストを試してみましょう。

>>バラバラの文字を一瞬で覚えるトレーニング

>>数字を追いかけるトレーニング

 

これらのテストでは「見て考える」「見て記憶する」「記憶したものをまとめる」という正確さやスピードがまるわかりになります。

目が悪くなると、上手くいかないはずです。

頭の善し悪しと目の良し悪し、つまり学校の成績と視力は多くの関わりがあります。

学校の成績をあげるには、「見る」⇒「考える」の繰り返しです。

ものを覚えるために「目に情報を与える」ように脳に命令し、行動は起こされます。

よって、学校の勉強と視力回復には大きな関係があります。


logo2