子供の視力回復


目が悪くなる原因の一つが「冷え」、「血行が悪くなること」です。

サーモグラフィーで見るとよく分かるのですが、顔全体の体温が低くなる傾向があるようです。

血行が悪くなると目に酸素も回らなくなります。

冷えを解消し、血行を、良くすることも目にはいいです。

そのためには、目の周りを暖めること、目のストレッチやツボを押すことです。

冷えを解消して視力回復する方法

視力はメガネをかけ出すと、基本的に下がる一方です。

目が疲れると乳酸がたまり、運動神経にも影響します。

そして筋肉がかたくなり、血流障害がおこり目を冷えさせ、悪循環になります。

この悪循環を治す方法は目を温めることです。

目を温めるには2つの方法があります。

一つは蒸しタオルなどで、そとから暖める方法。

もう一つは、目の体操をして、目とまわりの筋肉を動かし、柔軟性を高めることです。

そうすると、目の神経としなやかさも回復し、目の疲れをほぐし、視力回復に効果があります。

日本人はタンパク質不足と抗酸化物質不足になりがち

血流を良くして、目を温めても血液がどろどろに汚れていたり、血管がよわっていたり、血液がどろどろでは効果がありません。

血流や血管の年齢の若返りが必要です。

■日本人はタンパク質不足と抗酸化物質不足になりがち

日本人は和食を食べる機会が多いです。

特に年をとるとさっぱりしたものを食べたくなるので、和食が食べたくなります。

しかし、和食はタンパク質不足になりがちで、情報化社会では抗酸化物質が必要にあります。

食生活が乱れると血液も汚れ、血管もかたくなり、冷えの原因にもなります。

目を良くするにしても目だけに対策を講じていては治すことはできません。

血液をサラサラにして、血液の弾力性を取り戻すことができれば、目や脳の血流が良くなり、視力にも良い影響がでるでしょう。

体質改善が大切です。


logo2