子供の視力回復


勉強でもスポーツでも結果を出し続ける人は、脳内に成功イメージがあり、それを「あれをするためにはこれをやる」というようにゴールのイメージから逆算で物事を考えています。

ゴールのイメージが明確になると思い通りの結果が描けるようになります。

成功者というゴールや目標がはっきりしていて、頭で強烈にイメージします。

そして、頭で早く考えて、数多くのアクションやトライアンドエラーを繰り返して結果を残します。.

成功している自分をイメージする(させる)

簡単な例でいいましょう。

身体を前に曲げるストレッチがあります。

「年のせいで、からだが曲がらない」と思うと身体は固いままです。

逆に目の前に輪ゴムを伸ばして、その伸びるイメージを自分と重ねながら、イメージします。

自分のからだが柔らかくなり、手が地面についたり、腰がグーンとまがるイメージです。

すると、身体も徐々に柔らかくなります。

これがイメージトレーニングです。

イメージトレーニングはどんなことにも応用できます。

決断力のある自分、人前であがらない自分、勉強がデキる自分など自分をイメージして仕事するとその成果に差がでます。

もし、難しければ、お手本になる人、師匠的な人に自分を重ねて下さい。

あの人ならどうするか、ということを意識して、行動するのです。

真似ることは学ぶことの基本です。

成功者から成功のイメージを真似るのです。

視力回復も脳内トレーニングが大事。

視力回復も脳内イメージが大事です。

「歳だから仕方ない。」「目は良くならない。」と思い込んでいては視力は良くなりません。

必ずデキるとおもって視力回復することが大事です。


logo2