子供の視力回復


・子供の成績があがらない
・机に向かわない
・集中が続かない
・勉強はしてるようだけど、なぜか成績があがらない
・塾に行かせてるのに成績が上がらない

こんなふうに考えてことはありませんか?

目が悪くなると集中力も下がり、読む、見るスピードもさがります。

となると当然成績にも影響します。

眼と脳を鍛えれば、見るスピード読むスピードがあがり脳が鍛えられ、集中力がつき、学力も上がります。

視力と集中力には密接な関係があります。

たとえば、本を読んでいる時、勉強をしているとき、眼のピントが合わなければ、ただしく像がうつらないので、飽きやすくなります。

関連記事:融像力をあげるトレーニング

つまりは集中力がなくなり、計算や暗記も苦手になります。

集中力をあげると勉強の効果が上がるのは言うまでもありません。

だからこそ、子供の視力回復は勉強のためにも大切なのです。

・目が悪いと脳も働きません。

・視覚への影響は脳を活性化させます。

・脳に描いたイメージの強さが行動力、集中力をあげ、勉強もできるようになります。

子供の集中力がない、と思われたら、視力を疑ってみるのもいいです。

見て聞けば学習効率は大幅アップ!

「見る」以外にもきくことでも脳は鍛えられます。

しかし、視覚のほうが情報をダイレクトに脳に結びます。

たとえば、「ピンクの像を想像してください」といわれれば嫌でも脳は頭にピンクの象を浮かべようとします。

つまり、耳からの情報は音声がイメージに変換され脳に像を写します。

耳から入る情報量は一秒間で8000BITですが、目は430万BITと言われます。

視覚からの情報は聴覚からの情報を圧倒的に上回ります。

しかし、一番良いのは耳で聞きながら目で見ることです。

耳から聞いたことは、イメージとして前頭葉に映しだされます。

そのイメージが強いほど記憶に残ります。

子供の視力を回復させると成績もアップします。

ゲームのしすぎは集中力の低下にもつながる

情報端末で次から次へと視覚情報がはいってくると考える作業が間に合わなくなります。

たとえば、ゲームであれば刺激と反応の繰り返しですから、情報が素通りしていきます。

つまり前頭葉を使わない状態になるのです。

結果、ゲームのし過ぎは集中力の低下にもつながります。

まとめ

こどもの目がよく慣れば、勉強にも集中できますし、将来にも大きく影響します。

子供にとって視力を回復するというのは単に目を良くする話ではないのです。


logo2