子供の視力回復


hakuigyaku

「子供の目が悪くなりました。メガネをかけるとどんどん目が悪くなるという話や逆にメガネをかけないほうが悪いという話もありますがどうでしょう?」

という話をよく聞きます。

本当のところ、ポイントは2つです。

子供が視力検査で視力が悪くなっている原因はほとんど仮性近視。

子供はもともとやや遠視気味で、成長にともない多少近視側に視力が進むことにより正視になる。

1つずつ解説します。

子供が視力検査で視力が悪くなっている原因はほとんど仮性近視。

仮性近視とは目のピント調整能力が一定のところで固まってしまった、一時的な近視のことです。

つまり、この段階では一時的に視力が下がっているだけです。

一時的とはいってもほうっておくと、本当の近視になる可能性があり、何らかの対策が必要です。

大人になって、PCで仕事をすることが多くなり視力が下がってしまった原因のほとんどがこれです。

大人でも仮性近視になってしまう人は多いです。

仮性近視はメガネをかけなくても視力回復法で治ります。

しかし、何も考えずにメガネをかけると近視になります。

なお、眼科のドクターには患者の視力を上げようという人は決して多くないので、「まずは見えること」を優先し、視力回復のアドバイスがまったくなく、あるいは、「一度目が悪くなると治らない」と言い切って、メガネを勧めるドクターもいるのが現実です。

なぜなら、もともと眼科は視力回復の専門家では無いからです。

視力回復はまずは、視力回復の専門家を頼りましょう。

.子供はもともとやや遠視気味で、成長にともない多少近視側に視力が進むことにより本来は正視になる。

子供の場合は、勉強やゲームなどの目の疲労に加えて、成長により、目が悪くなる時期と重なります。

本来は視力が進むことにより正視になるはずですが、近年では目の酷使等が重なり、本来のスピードより近視よりに視力が進んでしまっています。

 

よって、”メガネをかける時期”と”目が悪くなる時期”が重なるので、メガネをかけることにより、目が悪くなると言われている可能性が高いです。

 

仮性近視や子供の近視を抑えるには視力回復トレーニングが有効です。

 

ところで、海外では視力回復法の専門家と眼科は別の専門になりますが、日本の場合は眼科はたくさんいますが視力回復の専門家は健康保険がきくわけでもないので医療行為とは別になります。

 

本来は理論上、視力回復とメガネの強制は同時に行うことができるはずですが、日本では眼科は視力回復の専門家ではないので、同時に行うのは難しいのが現状です。

 

したがって、まずはリスクのない視力回復法から始めるのが正しい方法です。

 

よって、疑問のこたえとしては次のようになります。

 

メガネをかけるとどんどん目が悪くなる⇒視力回復を考えずに、今の視力を矯正するだけでなら目はどんどん悪くなる可能性が高いので、まずは視力回復法を先にした方がいい。

 

メガネをかけないほうが目が悪くなる⇒なにもしないのは、よくない、まずは視力回復法で仮性近視を治しましょう。

子供の視力を回復するには?

子供の場合は、いきなり深刻な近視になる可能性は低いです。

 

まずは、仮性近視を疑って下さい。ほとんどの場合、田中先生や出口先生の視力回復法で治ります。

 

それで、どうしてもだめなら眼科でメガネの処方を検討してみましょう。

こども博士


logo2