子供の視力回復


hakuigyaku

小学生、中学生など子供の視力検査の季節ですね。

そこで、こどもでもすぐにできる視力回復のストレッチ方法をまとめてみました。

疲れ目などに最適です。

数値で視力が落ちている場合は本格的に視力回復法を試しましょう。

目のストレッチの基本は目の血流をよくすること、目のピントをあわせることです。

目の周りの血流がよくなるとお、老廃物が流され、脂の分泌が促進され、涙を増やし、目を休めることができます。

蒸しタオルをつかった視力回復法

蒸しタオルをつかって目を温める。

タオルを水で濡らして、軽く絞り、電子レンジで温めます。

2本用意しておくといいでしょう。

目をつぶって、まぶたの上にのせます。

寝る前にすると安眠効果もアップです。

ピント修正ストレッチ

窓の外などから遠くを見ます。

星が見える人は星がおすすめ。

遠くをじっと眺めましょう。

そのまま、本を読むくらいの距離にピントを合わせます。

毛様体筋をほぐし、ピントを調整、疲れ目、仮性近視におすすめです。

まぶたのマッサージ

まぶたにマッサージをすることで、血流を属し、目を活性化します。

・まぶたを上から下、下から上ににマッサージします。眼球を圧迫しないように、まぶたの油分を押し出すような感じです・

・上まぶた、下まぶたを内から外へマッサージします。眼球を圧迫しないように、10回ほど。

・血流がよくなったところで、上下のまぶたを軽く摘みましょう。

ツボを刺激して、視力回復

・目の疲れにきくツボ「攅竹」(眉頭のくぼんだところ)、「太陽」(こめかみから目尻よりにくぼんだ部分)を親指でマッサージ。

・指のはらでこめかみからあたまのてっぺんに向かってマッサージします。頭皮の血行を良くします。

・清明という鼻のよこのくぼみにあるツボを刺激すれば、目から鼻への老廃物を整えます。

寄り目をつくる

寄り目をつくると毛様体筋がほぐれ、目の血流が改善。

ピントも調節されます・

外眼筋ストレッチ

黒目を動かし、外眼筋をほぐします。

できるだけ、目を開いて、目を上下左右、斜めに動かしましょう。

目の乾きを改善し、目の血流を良くして、疲労改善に効果があります。

ピンホールトレーニング

神に穴を開けます。

ボールペンなどで1mm程度のものでよいです。

穴の空いた使用済みのテレホンカードでも可。

そして、穴の向こうを3分ほど除きます。

こうすると一時的に目に入る光の量が調整され、目のピントがリセットされます。


logo2