子供の視力回復


胃腸がこわばり、蠕動運動がきちんと行われないと、自律神経のバランスが崩れます。

 

乱れた自律神経は、血流障害を引き起こし、目と全身を酸素不足に陥れます。

 

酸欠不足をの原因の一つは胃腸の硬化です。

 

眼筋・毛様体筋など目に関する筋肉は自律神経と深く関わっています。

 

よって胃腸の機能を高めると、自律神経のバランスが整い、目と全身の健康を維持されます。

 

そこで効果的な運動がジャンプ運動です。

 

いわゆる縄跳びです。

 

ジャンプ運動は胃腸を揺らします。したがって、蠕動運動を促し、硬化した胃腸をほぐします。

 

また、足の骨や筋肉に刺激を与え、自律神経を活性化します。

 

縄跳びが難しい人はその場で数センチジャンプ運動するだけでもよいです。

 

太り気味の人は縄跳びは難しいでしょうから、ジャンプ運動を行って下さい。

 

数センチ浮く程度でも自律神経が刺激されます。

 

目標は1日500ジャンプです。

 

最初はきついと思います。

 

あるいは慣れていないと膝を壊します。

 

最初は軽くじょじょに慣らしていきましょう。


logo2