子供の視力回復


呼吸というと皆さん普通に行っています。

しかし、酸素をたっぷり吸い込むための正しい深呼吸は多くの人ができていません。

正しい深呼吸をするとたっぷり酸素を取り込め、血液にきれいな酸素を取り込めます。

■正しい深呼吸の方法

1.深呼吸をするとよくするのが、大きく息を吸いますが、これは間違いです。最初に息を全て吐き切ります。肺から空気を全て押し出すと、自然に空気を取り込めます。

2.吐くときも一気に履くので半くて、6秒以上かけてゆっくりたっぷりはきましょう。6秒以上かけることで息を司る筋肉も鍛えられるからです。

 

呼吸筋を鍛えると、深い呼吸ができるようになり、、酸素をたっぷり取り込めます。

また、深い呼吸を繰り返すと副交感神経が活発になり、緊張をほぐし、眼筋の緊張もゆるめ、視力回復の効果もあります。

呼吸は人間の最も基本的な動きであり、エネルギーの代謝を意味します。

健康体でいるには酸素の取り入れが最も大切です。

正しい呼吸ができれば、身体の酸素吸収量が増え、マッサージ効果もあがり、当然視力にも影響します。

ペットボトルをつかった呼吸力をあげるトレーニング

横隔膜などの呼吸に関係する筋肉を鍛え、しっかり酸素を取り入れるトレーニング方を紹介します。

とくに、普段運動不足のかたは試して下さい。

まずは、500ミリリットルのからのペットボトルを用意します。

そして、ペットボトルのうらにアイスピックなどで3箇所の小さな穴を空けます。

上、左下、右下というように間を空けましょう。

まずは、息を全て出しきります。←これ大事。

深呼吸は吐くことからはじめるのが基本です。

次に、ペットボトルを加え、鼻から息を大きく吸い込みます

そして、6秒以上かけて口からペットボトルに息を吐ききります。

ペットボトルにそこに空けたあなから空気が出ていきますが、その時の抵抗により心肺機能を鍛えられます。

目標は1日50回ですが、最初は10回するものきついと思います。

50回できるようになったら、今度は2つ穴で試して下さい。

かなりきついと思います。

そのきつさがき心肺機能を鍛え、酸素を取り入れる力をアップさせます。


logo2