子供の視力回復


目は1日にまばたきを約2万回行い、眼筋は10万回以上動きます。

 

つまり、身体の中でも特に筋肉運動をする箇所の一つです。

 

人間の身体は筋肉運動をすると乳酸がたまります。

大量の乳酸除去を蓄積が上回ると視力にも影響がでると言われています。

乳酸は酸素により分解され、血液により運びだされるので、酸素不足になると疲れがとれなくなります。

 

血液を十分に巡らせ、目に常に酸素をおくりこむ必要があります。

しかし、酸素の最大摂取量は心肺の老化に伴い減少します。

 

80歳は30歳の約30%といわれます。

近視や老眼対策には酸素・栄養の補給も重要だということです。


logo2