子供の視力回復


近年若い人で緑内障が増えています。

緑内障というと高齢者のイメージがありますが、20代でも緑内障を発症する人が出て生きているのです。

緑内障は適切に治療しないと失明の可能性もある病気で、実際に日本人の失明原因の1位は緑内障です。

緑内障は高くなった眼圧が視神経を圧迫し、視野が欠ける病気と言われてきました。

眼科で眼圧を検査し、10~21ミリ以上であれば、正常値以上とみなされ、緑内障とみなされます。

しかし、最近では眼圧は正常なのに、血流障害が原因で視神経が衰えて見えにくくなる「正常眼圧緑内障」が増え、緑内障の7割と言われています。

そのため、眼圧検査と合わせて、視神経が束になっている部分をっ撮影し変形していないかをみる眼底検査も行われます。

眼底検査の問題

眼底検査では200万近くある視神経の束が半分以下の80万程度にならないと減っていることがわかりません。

おまけに自覚症状もほとんどありません。

視野とは意外と欠損しても気が付かないのです。

眼圧の高い緑内障治療も眼圧を下げる点眼薬を処方され、経過観察をするのが主流で、悪化を食い止めるもの難しいです。

大切なことは視力低下の本当の原因に目を向けることです。


logo2