子供の視力回復


私達が目でものを見た時、左右の目で見たものが頭のなかで一つになります。

 

このような左右の網膜で移ったものを一つにする機能を融像力といいます。

 

これは脳梁という脳ので情報交換した結果生まれる機能です。

 

これは記憶力にもつながっています。

 

つまり片脳だけでものを見ていると考えがまとまらず、記憶力も上手く使えなくなります。

 

不同視になると左右の視力がことなるのでこの融像力も発達しません。

 

よって視力は学校の成績にも関わってきます。

 

融像力を高めるトレーニングには3Dイラストをみるトレーニングがあります。

 

目を寄せる交差法や、遠くを見つめたまま3Dイラストをみる平行法があります。

 

この3Dイラストがすぐに見える人は日本人では約半分と言われています。

 

なぜかというと、目を寄せることができなかったり、遠くの一点を見るのにも目が寄せてしまったりするからです。

 

これを克服するにはトレーニングが入ります。


logo2