子供の視力回復


一言で視力回復法と言ってもいろいろな方法があります。

なぜなら視力回復法とは西洋医学ではなく、東洋医学に基づく療法であり、人によって異なるのです。

子供と大人でも違います。

基本的に市販の視力回復法は視力回復というより、疲れた眼を癒やすのが目的です。

例えば、普段PC操作の仕事などが多く、目が霞む人や、しょぼしょぶする人は市販の視力回復法の本で十分でしょう。

よって、市販の視力回復法は子供の近視を回復できるまでの物は少ないです。

当サイト紹介している子供の視力回復法は文字通り視力を回復することが目的です。

市販の視力回復法の主な対象者について

市販の視力回復法の主な対象者は大人で、しかも大人になって最近目が疲れてきたのが目が霞んできたような人です。

あるいは軽度の近視になっている人なら一定の効果があるでしょう。

大人でも子供の頃から、子供の頃に既に目が悪くなり、長年メガネをかけ、重度の近視や乱視になっている人にはあまり効果はありません。


logo2