子供の視力回復


幼児教育でしておいたほうがいいと思うことを紹介します。

1.音楽

日本の幼稚園では、とりあえず声を出してみんなでうたいます。

 

が、

 

音楽的な観点から言うと、結果として、正しい発声や、音程、リズムを無視するため、音楽センスは伸びません。

 

プロにならないにせよ、音楽のセンスを伸ばすには専門の先生のお稽古を受けるか、
いっそ幼稚園にいかないほうがマシかもしれません。

2.飛んだり跳ねたりするスポーツ。

筋肉はあとでも発達しますが、コーディネーション、いわゆる運動神経は小学校低学年くらいまでしか伸びません。

 

日本の体育の場合、筋肉を図るものより、コーディネーションをみる場合が多いです。

 

バレーボール、かけっこなど。

 

運動神経を伸ばすには小学校低学年くらいがいちばん大事です。

3.箸や鉛筆の持ち方

おとなになると、そういうことも見られます。

 

箸や鉛筆の持ち方が綺麗ということは、親のいうことを素直に聞ける子と判断する経営者も多いです。


logo2