子供の視力回復


パソコンによる目の疲れを取る方法です。

プロジェクターを通してPCを見る

プロジェクターを通してPCを見ることで直接光を間接光にし、目や脳の負担を減らします。

画面を15度後ろに傾ける
眼の自然な角度は20度です。

適切な焦点でPCの画面を見るのは15度画面を傾けた状態です。

部屋の電気は明るすぎず、やや薄暗めに
眼はコントラストが激しいほど疲れやすくなります。

眼は明るさに合わせて自分を証明せねばなりません。

コントラストが激しいと目が疲れます。

真っ暗でも明るすぎても眼に悪いのです。

スクロールは激しすぎず

スクロールが激しいのも眼にはよくありません。

適度にしましょう。

スクリーンフィルターを使う

スクリーンフィルターは画面を覆い、目に悪い反射、ちらつき・静電気を取り除きます。

キーボードは赤外線の物を使う

キーボードと画面が近いものは目が疲れます。

とくにノートPCを使う人は注意です。

キーボードは近くに画面は遠くに置きましょう。

作業の距離は最低50センチはあける
できれば70センチできれば50センチは画面から離れましょう。


logo2