子供の視力回復


乱視とは

角膜や水晶体のゆがみから、光の方向によって屈折が異なることで、ものがぼやけたり何重にも見えてしまう状態それが乱視です。

乱視は焦点が一つに定まらないため、ピントのあう位置が見つかりません。

それでも眼はなんとかピントを合わせようと機能するので、乱視の状態でモノを見るということは、眼に大きな負担をかけてしまうことにつながってしまいます。

このように眼には負担の大きい乱視ですが、実は子供にも多く起こるものなのです。

「眼が悪い」と聞くと、すぐに近視を思い浮かべがちですが、小さな子供でも乱視になってしまうことはあります。

乱視の状態を知ろう

視力検査でこのような図を見たことがありませんか?

乱視

この図で乱視の症状を調べることができます。

一定の距離をとって、放射線状に並んだ直線を見ます。

縦方向の線が濃く見えるのが直乱視です。

横方向の線が濃く見えるのが倒乱視です。

斜め方向の線が濃く見えるのが斜乱視だと言われています。

また、この3つを合わせて「正乱視」と言います。

これに対し、角膜ないびつな語りに曲がっていて、メガネでは矯正できない「不正乱視」があります。

近くのものも遠くのものも見えづらく、眼に負担がかかりやすい乱視ですが、幼い頃から乱視の状態が続いていると、子ども自身はよく見えていないことに気づけないことがよくあります。

ある程度以上の乱視を放置しておくと、将来乱視を矯正しようとしても、十分な視力が得られない「経線弱視」と呼ばれる状態を引き起こす可能性もあるため、子供の乱視は早期発見、早期治療がとても大切なのです。

普段の生活の中で、あなたのお子さんは斜めからものを見たりしていませんか?目つきがおかしかったり、よく転んだりはしていませんか?

このような症状が出てる場合、もしかしたら乱視の可能性があるかもしれません。

普段の子供の眼の様子をしっかりとチェックして、気になることがあればできるだけ早く医療機関にかかるようにしましょう。

乱視の対策

乱視は水晶体や角膜の歪んで光が網膜に届く迄に乱れてしまう事が原因で起こります。

乱視は、症状によってメガネとレーシックによって矯正することができます。

ただし、レーシックは子供は手術をうけることができません。

メガネ、コンタクトは矯正していますが、治っているわけではありません。

むしろ症状は悪くなります。

したがって、早い内に視力回復することが重要です。

近視の初期の段階の人は、無理に焦点を合わせようとして、目を細める癖があります。

これをすると、角膜や眼球がゆがんで乱視になる可能性も出てきてしまいます。

乱視を防ぐという意味でもお子さんが近視になってしまったら、視力を正しく矯正したほうが良いといえます。

幼い頃から乱視の状態のままでいると子ども自身は視力に問題があることに気づけません。

ある程度以上に進行した症状の乱視を放置してしまうと、いざ視力を矯正しようとしたときに十分な視力回復が望めません。

この状態を「経線弱視」といいます。子供の乱視はとにかく早期の発見、早期の治療が重要であると言えます。

乱視は近くの物も遠くの物も見えにくい上、眼に大きな負担がかかるのでその分子供にかかる負担も大きいといえます。

普段の子供の様子を観察してなにか変化が起きたときにすぐに気づけるように心がけておきましょう。


logo2