子供の視力回復


視力を回復するための手術方法の一つであるレーシック。

眼の角膜を薄く削り、常にコンタクトレンズを装着しているような状態を作り出す手術を受けることで、メガネやコンタクトなどで視力を矯正する必要がなくなることから、眼の悪い方には最近人気が高まっています。

そんな人気の高いレーシックですが、残念ながら子供は手術を受けることができません。

レーシックは角膜を削る手術。成長が著しく、視力が安定していない18歳以下の子供は、手術を受けてからも近視の度数が進んでしまうことも多々あるため、普通は手術を受けることはできません。

また眼球の大きさは、8歳頃にやっと大人と同じ大きさになるといわれています。

大きさも視力も変化するかもしれない状態の眼を手術することは、決して良いことではありません。

そのために、子供のレーシックは受けることができないのです。

親なら誰でも、落ちた子供の視力を何とか元に戻してあげたいと思うのは当然のこと。

でも子供がレーシックを受けられないからといって、視力が絶対に元に戻らないかというと、そんなことはありません。

レーシック以外にも、視力回復トレーニングを試してみたり、日々の生活の中で眼を労わるように気を使うだけで、子供の視力は回復することがあります。

通常は18歳まで受けられないレーシック手術。

それまでは子供の眼に負担の少ない生活環境を整え、眼を労わることを第一にすれば、子供の視力は戻る可能性は十分あります。


logo2