子供の視力回復


近視をレーザー照射によって矯正するレーザー手術の代表格がレーシックです。しかし最近ではいくつか異なる手法も編み出され徐々にそれらを受ける人も増えています。その中でも注目を集めているのが「イントラレーシック」と呼ばれる手術法。レーザーをコンピューターによって制御することでそれまでのレーシックと比べてはるかに高精度な手術を可能とし、さらに安全性も飛躍的に高まっています。

従来のレーシックでは角膜が薄かったり変形していたりすると手術を受けることができませんでした。極度の近視も同様に手術が不可能だったことがレーシックのデメリットの一つだったのですが、イントラレーシックは幅広い症状の近視に対応できる事でレーシックの弱点を克服することに成功したのです。

さらにイントラレーシックの精度の高さは手術による合併症の可能性を低くするという効果ももたらしています。このようにメリットの多くなったイントラレーシックですが、手術費用がレーシックに比べてさらに高額になる上に手術を行うクリニックがまだまだ少ないという現状は指摘しておかなければなりません。この点は小さくないデメリットと言えるでしょうね。

この他にも現在では「エピレーシック」と呼ばれる手法が登場しています。これは高精度なレーザーによって従来よりも更に角膜を薄く、上部をごくわずかに削り取るだけで済む為に強度の近視や乱視といったそれまでのレーシックで対応できない人でも手術を受けることができるというメリットがあります。

さらなるメリットとして格闘技などのようなコンタクトスポーツを行う人でも受けることができるという点があげられますね。削った角膜が術後に再生されるなど目への負担が少ない事がその理由です。その反面、術後の痛みの激しさや視力が安定するまで従来よりも長い期間がかかってしまうというデメリットも存在します。

レーザーによる近視矯正手術にはここにあげた手法以外にも存在します。それぞれクリニックによって受けられる場合とそうでない場合があり、当然ながら得手不得手もあることは念頭に置かなければなりません。

角膜の状態などにより受けるべき手術への適正というのも変わってきます。手術を受けることを決めたのならどのクリニックでどんな手法の手術を受けるのかここで説明した様々な要因を照らし合わせてじっくりと比較検討して決めましょう。


logo2