子供の視力回復


視力低下の主要な要因となっている近視ですが、これまで近視を矯正するのに採用されてきた手法といえば眼鏡やコンタクトレンズの着用といった比較的昔から存在する手法が主なものでした

しかし1990年代にアメリカで行われるようになったレーシック手術(正式名称:角膜屈折矯正手術)は現在第3の視力矯正法と言われるまでに一般化し、アメリカだけでも年間100万人もの人々がこの手術を受けることで視力回復を果たしています。

日本でも2000年になってから導入されるようになり、2008年には40万人がこの手術を受けたと推測されています。それ以降もレーシック手術を受ける日本人の数は年々増え続けていることは間違いないでしょうね。

レーシック手術とは、眼球の角膜表面をレーザー光線で薄く削ることで角膜の曲率に変化をもたらすことを意図して行う手術となります。この手術の特徴はかなり強い近視であっても劇的な視力の回復が期待できることです。

一般的に裸眼の視力を1.0以上にまで回復させることができるとされ、1度手術を受ければ眼鏡やコンタクトを装着し続けなければならないと言う負担から開放された人生を歩むことが可能になる点も見逃せません。手術直後に視力の回復を体感できることも多いそうで、おおよそ一週間後には回復した視力が安定し始めるのも特筆すべき点ですね。

ただ気をつけたいのは、レーシックは新しい技術であるために長期間を経た際の安全性についての実証が十分に成されているとはいえないことがあげられます。手術後には定期的な検査を受けなければなりません。

とはいえレーシックは今のところ手術失敗による失明などといった大きな事故はありません。比較的に安全性の高い視力回復手術であるとは言えるでしょうね。

もちろんリスクはゼロではありません。ドライアイや感染症などは十分考えられますし合併症を引き起こすということもありえるので、手術を受けるならそれらのリスクについて事前に確認しておく必要があります。

付け加えるならレーシック手術は17歳以下の未成年や、眼に疾病を抱えた人、糖尿病患者など内臓、循環器になんらかの病気を抱えている人は受けることができません。


logo2